WiMAX スマートフォン 格安SIM

データ通信サービスはWiMAXとY!mobileどちらを選ぶべきか?

投稿日:2017年5月28日 更新日:

ポケットWi-Fiルータの使用を検討時に、多くの方の最終候補に残るのがWiMAXとワイモバイル(Y!mobile)の2キャリアのようです。

キャリア決定後にも「どのプロバイダを利用するのか」「加入プランはどれにするのか」「ポケットWi-Fiルータ端末はどれにするのか」などの決定に頭を悩ませることになりますね。

事前にある程度の情報を得ておけば、契約時に慌てて決めることもありませんので、今回はWiMAXとワイモバイル(Y!mobile)の違いや料金体系などの、検討材料のベーシックな部分を比較しながら紹介します。

ポケットWi-Fiルータでのデータ通信サービスとは?

従来のデータ通信の利用スタイルは、自宅ではインターネット固定回線、屋外ではガラ携やスマホでのパケット通信が一般的でした。

スマホでのデータ通信容量制限の規制が掛かり、価格据え置きのまま5GB~7GBのデータ通信量までの従量制へとシフトした事や、ポケットWi-Fiルータのスペックが劇的に向上した事が追い風となり、WiMAXやワイモバイル(Y!mobile)を利用してデータ通信サービスを利用するスタイルが主流になりつつあります。

ポケットWIFIルータでのデータ通信サービスのメリット

ポケットWi-Fiルータでのデータ通信サービスの開始初期には「データ通信に接続し辛い」「通信速度が遅い」などと評判は芳しくなかったのですが、現在ではデータ通信に接続出来ない場所の方が珍しく、データ通信速度も高速化し十二分に実用域に達しています。

一般的なスマホでのデータ通信プランは1ヶ月約5,000円で、利用可能なテーデータ通信量は5GB位しょうか、固定回線の維持費にもおよそ5,000円程度が必要です。

1ヶ月に約10,000円の出費となりますが、WiMAXやワイモバイル(Y!mobile)が提供するデータ通信サービスをポケットWIFIルータ経由で利用する場合の費用は1ヶ月約3,700円となり、6,000円も安く、節約出来るのです。

スマホのデータ通信を最安のプランに変更し、自宅の固定回線を解約してデータ通信サービスをWiMAXやワイモバイル(Y!mobile)に統合してデータ通信費をセーブするユーザーは増加傾向にあります。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)の共通点

データ通信サービスキャリアの最終候補にWiMAXとワイモバイル(Y!mobile)が残った場合の参考になるように、サービス内容の共通点を紹介します。

ポケットWIFIルータ端末が実質無料!

新規契約時にはポケットWi-Fiルータ端末が必要となる方が多いと思いますが、端末の価格を割引するサービス内容がありますので、そのサービスを契約に含める事でポケットWIFIルータ端末が実質無料で手に入る点は両社共通です。

データ通信サービスの一ヶ月の利用価格

WiMAXもワイモバイルも一ヶ月のサービス利用料は3,700円前後です。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)の相違点

データ通信サービスキャリアとして差別化を計ろうと、各社とも企業努力に励んでおり、WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)にもサービス内容の相違点があるので紹介します。

データ通信利用契約期間

利用契約の期間がWiMAXは2年、ワイモバイル(Y!mobile)は3年となっています。将来の通信環境の変化やキャリア乗り換えの可能性を考えると、契約期間は短い方が望ましいですね。

データ通信サービスの通信エリア

現状、首都圏ではWiMAXに軍配が上がるようです。ワイモバイル(Y!mobile)のカバーエリアが広かったのですが、WiMAXからWiMAX2に統合後状況が逆転したようです。

データ通信速度

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)ではデータ通信速度に若干の開きがでます。実測値ではWiMAX2+の220Mbps対応エリアが最速で、残念ながらワイモバイル(Y!mobile)はそこまでの速さに至りません。

契約時の事務手数料などの実質経費

1ヶ月当たりのサービス利用価格は共通ですが、プロバイダが行うプロモーション値引きなどの影響でデータ通信サービス利用開始までのコストなどに、開きが出てきます。

ワイモバイル(Y!mobile)よりもWiMAXのプロバイダの方がキャッシュバックキャンペーンに積極的なので、こちらもWiMAXに軍配が上がります。

まとめ

データ通信サービスはWiMAXとワイモバイル(Y!mobile)どちらを選ぶべきかをテーマにWiMAXとワイモバイル(Y!mobile)の共通点と相違点を紹介してきました。

ポケットWi-Fiルータ端末が実質無料で手に入る点では、データ通信サービスの1ヶ月の利用価格の2つのサービス内容は共通しています。

しかしながら、契約時の事務手数料などの実質経費ではWiMAXに軍配が上がり、残念ながらワイモバイル(Y!mobile)の旗色が悪く、結論としてはお奨め出来るのはWiMAXということになるでしょう。

ポケットWi-Fiルータを利用したデータ通信サービスは、一度体験すると元には戻れなくなるほど快適です。皆さんも1日も早く快適なネット環境を体験してみてください!

-WiMAX, スマートフォン, 格安SIM
-, , , ,

Copyright© Leaf , 2019 AllRights Reserved.